HOME>トピックス>デザイナーとの意思疎通も大切に依頼してみよう

目次

住み心地まで考えること

住宅模型

横浜エリアでデザイン住宅を建てるつもりならば、デザインへの強いこだわりを持つ施工会社を選ぶものですが、互いの相性が大事です。デザインも性能の一部だと考えられていますが、大事なのは住み心地ですから、家族のふれ合いを大切にする空間デザインを取り入れることは守りましょう。おしゃれなエリアとして知名度のある横浜では、華やかなエントランス、細部の装飾にもおしゃれを求める傾向です。ハーフサークルウィンドウ、アイアンの手すりなどもデザイン住宅ならではのこだわり要素です。しかし、使い勝手まで考慮するために、ショールームで見て、触れることもルールです。

率先して行動しよう

一軒家

デザイナーの意見を取り入れるのも、いざこざを避けるためのマナーです。もちろん、全ての意見ではありません。「ここだけは譲れない」という提案に関して、「検討してみます」という言葉で聞き入れてみましょう。建売や注文ではなく、デザイン性で選ぶ施工会社ですから、デザインが取り入れられないのなら、依頼に応える意味が薄くなります。美しい、スタイリッシュなデザイン住宅は、横浜の環境にも馴染むはずです。ちなみに、インテリア性やバリエーションに強みがありますが、それが決して無駄のないデザインであるとは限らず、そうした点を補うならば、最新設備を採用しましょう。デザイン住宅は、雰囲気を重視する傾向にありますから、暮らしや住みやすさに関しては自分たちが率先して動くのも必要かもしれません。