HOME>オススメ情報>家づくりは住む人の身になって考えることが大切

事前に予算を明確にしておこう

家族

瀬戸内海と山に恵まれた三原市は温暖な気候と利便性に優れていることから、移住を考える人も少なくありません。もし住まいに対して理想やこだわりを実現させたいと考えるなら、注文住宅を選ぶのが良いでしょう。自由設計の利点を生かした家づくりは住む人のライフスタイルに合わせられることから、居住性や機能性に優れた快適な空間とすることが可能です。しかし住宅の購入は殆どの人がはじめての経験です。何からはじめたらよいのか分からないのが当然です。注文住宅は土地と建物以外にも地盤の改良費用や外構工事費用、引越し費用などが考えていたよりも余計にかかることがあります。まずは予算について全体像を把握しながら自己資金と住宅ローンを併用して予算を決定します。住宅ローンの審査や工事完了までの期間は長引くこともありますが、焦りは禁物です。注文住宅は理想的な家を手に入れられる分だけ、他の選択肢よりも入居までに長い道のりがあることを覚悟しておきましょう。

地方のほうが安く家を建てられます

住宅模型

注文住宅はどのような選択をするかで総費用が大きく変わるので、慎重にならなければなりません。まずは建築にかかる費用の相場を知っておきましょう。住宅の面積は全国平均が約38坪で、地方別でもそれ程差はありませんが、建築費用については首都圏の方が全国平均よりも300万円も高くなります。そして注文住宅では耐震性や断熱性などが優れた家が人気を集めていますが、自分はどのような家にしたいのかを決めておきましょう。そして部屋数が多い家はコンセントなどの設備も多く家の構造が複雑になるので、費用が余計にかかります。土地は狭くとも空間を上手に利用すれば、広々とした印象のある家にすることも可能です。三原市内にはそのような要望にもきちんと応えられる工務店やハウスメーカーがいくつもあるので気軽に相談してみましょう。